クリスマスツリーを贈る

 

『森をプレゼント』


一年分の疲れを一掃し、都合の悪い記憶はメモリー消去!
メンタルは、、、よく頑張った!と褒めちぎられたい。

都合良過ぎますか? 

’本音で大人なクリスマス’もいかがかしら?と思いまして 

「香り」から見たクリスマス お届けしてみます。

元来クリスマスツリーに使われる「樹」は常緑樹(針葉樹)。
寒冷で雪が積もっても、緑の葉を落とさない樹木。

これらの樹は、過酷な環境に合わせ「香り」を蓄えます。
(極寒でも文句ひとつ言わず精油を蓄えるなんて()煎じて飲みたい)
***
パイン(松)
ファー(モミ)
ツガ(マツ科の針葉樹)
カタカナは英名称でエッセンシャルオイルのタイトルです。
***
インターネット通販で、精油=エッセンシャルオイル、求め易くなりましたね!無印良品さんのアロマディフューザー購入客は、男性が女性を圧倒的に上回っているそうです。
***

植物の主成分は「水」ですが、常緑樹(針葉樹)の木や枝葉には香り成分を蓄えます。リモネン、βピネン、カンフェン、酢酸ボルニル・・などという成分です。

このエン、ネン、エン、ニルは、抗菌、鎮静、気管支炎予防などの作用があり、寒い季節に私達を助けてくれます。

クリスマス以外の日常でも、香る空気清浄機とも呼ばれていますから、閉め切った部屋に香らせたり、マフラーやマスクに付けて、インフルエンザや風邪のウィルス対策にも!

また、脳をスッキリリセットする効力がありシンプルな発想に戻すのに使われます。

街中がキラキラするのは、この季節ならではの高揚感がありますね♪

香りを贈る「大人クリスマス」では、
ビニールのツリーとチカチカ電飾(←言い方 笑)とは別に

☆ツリーの「香り」で過ごすクリスマス⭐︎ 自信を持ってオススメします。
木の香りは、日本人だから特に感じるのでしょうか?神聖な気持ちになります。

前の投稿、長年連れ添ったパートナーへのプレゼント・・・の件ですが、
一緒にスパや温泉に行けたら断然それがいい!

現実的には、年末になかなかね・・・という方、
森のデリバリどうです?? リセットしてね♪というメッセージの香りプレゼント☆☆☆

お洒落だ〜!!!大人だ〜!!!

昨日は、開いて下さり「いいね」もありがとうございます。フォローもして頂き本当に感激しました♪(´ε` )!!
明日はケーキの香りを書こうと思います。 

香りブランドクリエイター おばた美穂

香り de Christmas

「クリスマスに香りを意識してみよう」

香りのチカラには、
その瞬間、気持ちが上がる!(当然、選択により落とすことも可)
フォーカスしたい感情やテンションに集中させることができます。

更には 「記憶を強化する」「記しを深く刻む」チカラがあります。

特別な日は「楽しく過ごしたい」それは誰もが考え工夫すること。

「想い出に残るように」「何度も思い出せるように」を願うなら、香りが有効的です!!

表現下手と言われる日本人男性、特に昭和男子(←愛を持って表現しています^^)には、さりげなく香り演出にチャレンジして頂きたいです。

新しいロマンスは勿論、長く連れ添ったパートナーへは、なかなか労い感謝の気持ちを言葉に出来ないからこその「香り」です。

香水は、「愛用のものを少し距離のある男性から頂くのが嬉しい」というのが女性の本心だと思うのですが、、、。

香水は、やはり好みがありプレゼントされても迷惑な場合もあります。(貰った事もないのに失礼!笑)でも天然の香りは理屈抜きに人の心をほぐしてくれます。

それは、構造上脳が快楽を感じ
一瞬で全身癒せるよう私達の体が作られているから。

化学的分類ではエステルという、果物が熟した時のような芳醇な香りを嗅ぎながら男性の話を聞いていると、この人優しい!おおらか!甘やかせてくれそう!と女性は感じてしまうそうですよ。

ん〜赤ワイン飲みたくなってきました!!
明日は、香りのプレゼントについて書きます。
読んで下さりありがとうございます。ページへ「いいね」下さると感激します!       
香りブランドクリエイター おばた美穂

 

コンセプト・ギフト

思いをカタチにする
思いが届く
「CONCEPT SHOP GiFt」
記念日には欠かさず「気持ちを伝える」「ギフトを贈る」家に育ちました。
まだ買い物が出来ない幼い頃、
両親に何を贈ったら良いのか真剣に考えた記憶が鮮明です。
お小遣いで贈り物を選べるようになり、
準備をするのだけれど、当日まで待っていられず決まってフライングをしていました。
大人になり、家族以外にも好きな人、大切な人が増えてきてフライングの謎が解けてきました。
包みを開けた瞬間の顔が早く見たい。
選んでいる時間がとても楽しかったと早く伝えたい。
贈り物を届けたい人との間にはSTORYがあって、その時の思いがあって、
一連の時間はとてもスペシャルなものだな。と思います。
「想いを贈る・伝える」って人生の中で、とても大切なことのように感じます。
活字だけでなく絵文字やスタンプ、動く画を届ける時代です。
「テンションを視覚化する」
「思いが届く贈り物をする」
プロとして、そんなお手伝いが出来たらとても嬉しい。
言葉を超えた企業の、個人の、思いやSTORYが大切なところへ届きますように。
思いをカタチにする
思いが届く
Brand Creator おばた美穂