香りって何? -1


香りって・・・

なぜ香るの?
色、音、にあるように、香りにも振動があり、その刺激を感じるから。
周波数が存在します。

香りは物質なの?

液体から分子を読み取ることができるので物質のように感じるが、
世界史上、各分野の師が香りは物質ではないと証明している。

生の薔薇は、香りをバンバン放出している。
でも、薔薇自体の見た目や重量は変わらない。

近年の芳香商品の演出では、

竹串を刺したビジュアルの商品や、原色カラーの液体が見える消臭剤等で、
香ると共に液体が減っていく”視覚戦略”を仕掛ける。

やはり視覚による情報キャッチの影響は大きいそうです。
実際、ガラスボトルの香水(液体)は使うと減りますしね。

 

*香りは振動数が脳に届き、記憶される
*香り自体は気体

原材料は?

天然香料か?合成香料か?

香りを専門に仕事していると、常につきまとうのが、

原材料(香りの元)が天然か?合成か?ということ。

シチュエーションで賢く選択できる。

合成香料は、天然の動植物の芳香を再現したものです。必要な分子構造を再現します。[殺菌力、ホルモン作用、、]

天然香料は、あらゆる効果効能が心にも身体にも作用します。一つの香りにある数十~数百種類の成分から欲しい効果だけを選び作用させることはできません。

多面的で包括的

天然香料の影響力を、体のみ、肌のみ、など作用の部位を限定することも、時間を指定することもできません。黙っていてもトータルで今必要としているところにしみ込んでいきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です