BRAND

OrganicStudio@表参道ガーデン

どこで生まれ、どう役立つか?

〜ブランドは、お客さまとセラピストで創ってきました〜

フィジカル&メンタルセラピストは、俳優・女優、歌舞伎役者、プロスポーツ選手、武道家、音楽家、政治家、、表舞台に立つ人達のコアとビジュアル、パフォーマンスの一部を担っていました。

特殊な緊張感の中、高度な技術・広い知識・専門的な最新情報を必要とされ、技術者として成長する時間でした。師がいないセラピストにとって、このステージが生の学び場でもあり、そのまま自営サロンのお客様へ提供できる素養・テクニックとなっていました。

セラピストとしての始まりでした。

自営サロンでは、多い時に年間2000名の新規顧客カードが作られました。 いちセラピストとしての接客した数は、2013年時点で通算1万症例を超えていました。

お客様から不調の訴えがあり→担当セラピストの見立てと処方があり→メニューが実施される 一連の記録があり→リピートもある

これがサロンの流れです。

このサロンでの「主訴→処方→施術→フィードバック」がワンパッケージとなり、

パッケージ×人数=傾向 が作られました。

そうはいってもサロンワークをこなしているさなか、そんな観察の余地はなく、目の前のお客様の状態に体当たりな毎日でした。

なぜ「傾向」に目が向くようになったのか?

それは、

お客様がサロンに来なくても良いようにならないか、真剣に考え始めたのがきっかけです。

「不調の訴え」そのものが無くならないか?減らないか? 心身共に良い状態で日々生活して頂きたい。そう心から願うようになったからです。

「セルフケア」「先回り」「生活用品の見直し」「食の選び方」を考えました。 集まっていた「傾向」を素に、プロの経験・知識・技術をホームケア用にアレンジしたもの、全てがサロン内で出来上がった完全オリジナルなメソッドが次々と生まれました。

スクール開催のために出来たものではなく、お客様の解決を考えているうちに仕上がったものです。更にメソッドは、必要とする方のスタイルに合わせ、プロダクトスタイル、レッスンスタイル、開業スタイル・・と、バリエーションができました。これらをまとめて今年(2019年)から BRAND と呼ぶことにしました。

BRANDごとに、きっかけとなったお客様の顔が沢山浮かびます。スタイル毎に、生まれた瞬間の出来事や受け取ったリクエストを思い出します。

今を生きる女性達に贈るものは普遍的で本質的なものでなければ通用しなかった。

縁あってこのページに辿り着いた方には、(ここまでお読み下さりありがとうございます)「各BRAND」の中から「これ私の味方!」と感じるものを見つけて頂きたいと心から願っています。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る