香りマネジメント

Brand Creator おばた美穂

香りって何? -1

約 2 分


香りって・・・

なぜ香るの?
色、音、にあるように、香りにも振動があり、その刺激を感じるから。
周波数が存在します。

香りは物質なの?
液体から分子を読み取ることができるので物質のように感じるが、
世界史上、各分野の師が香りは物質ではないと証明している。

↓分かりやすく↓
生の薔薇は、香りをバンバン放出している。
でも、薔薇自体の見た目や重量は変わらない。
近年の芳香商品の演出で、竹串が刺さったタイプの商品や、原色カラーの液体が入った消臭剤等で、
香ると共に液体が減っていく視覚戦略の影響も大きいそうです。
実際、ガラスボトルの香水は使うと減りますしね。

*香りは振動数が脳に届き、記憶される
*香り自体は気体

天然香料か?合成香料か?

香りを専門に仕事していると、常につきまとうのが、

原材料(香りの元)が天然か?合成か?ということ。

現在、私の考えは、

*商業ベースにある提供側は、天然か合成か情報開示すべき
*非営利の専門家は、天然・合成のメリットデメリットを公平に情報公開すべき
*消費者は、双方をシチュエーション毎に賢く使いこなし心身共に豊かに生活すべき

シチュエーションで賢く選択する自分でいたい。

★化学は成果を出す。目的別に使えるもの。時間も結果も予測し易い。
☆天然は存在そのものにストーリーがある。心と体の双方に作用する。

合成香料は、天然の動植物を再現したものです。その効果効能を目当てに、必要な分子構造を再現します。
[殺菌力、ホルモン作用、、]

天然香料は、あらゆる効果効能が心にも身体にも作用します。一つの香りにある数十~数百種類の成分から欲しい効果だけを選び作用させることはできません。

また、体にだけ、肌にだけ、など作用の部位を限定することも、時間を指定することもできません。

「食」同様ですね。同じ働きを持っていても「サプリメント」なのか「素材そのもの」なのか。
何れにしても、選択肢があるということは、とても豊かなことですね。

About The Author

有限会社スエレ代表取締役おばた美穂
Brand Creatorおばた美穂 MIHO OBATA
スポーツ医学研究所在籍中にPhysical&Mental総合Aromatherapistとしてクライアントを持ち始める。1996年アトランタ五輪をキッカケに帰国後、独立起業し1997年新宿御苑にメディカルオーガニックを原料としたHERBとAromaを扱う店舗を開業する。 その後、店舗展開する中で自社のサロン・スクールがTV雑誌はじめ多数のメディアに取り上げられ、2002年には同業他社へプロデュース業が盛んになる。2005年には個人のライフスタイル全般をオーガニックへ変換する[開業プロデュース&コンサル]へ転換し、自社が運営する表参道ORGANIC STUDIOを拠点に[商業施設イベントプロデュース]も始める。2009年白金台に新しいライフスタイル体感型スペースとして1棟丸ごと[ライフスタイルスクール]を運営する。同時に企業プロダクツの開発を開始する。2013年以降それまでの「箱=物件」を手放し全力で【植物戦略】【香りマネジメント】コンテンツとプロダクツ創作に投下。満を持して2018年より必要とする全ての人に企業にリリース。
クリエイトブランド: Essntial Food(R)/Essential Hearing(R)以上、*商標権自社所有 /Nature Beauty/お月さまBrand/お陽さまBrand/お星さまBrand

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)